記事の詳細

1382654299481 グローバルシティは不動産投資の会社です。
不動産投資にはリスクがありますが、メリットもたくさんあります。

私設年金対策というものがあります。いま年金は問題になっていますよね。今後の公的年金と貯蓄だけでは長い老後の生活は、不安だらけだと思います。実はマンションを運用していくことで、毎月安定的な家賃収入が得られるので、公的年金にプラスしてゆとりのあるライフプランが生まれるようになっています。
マンション運用による不動産投資では、家賃収入を不動産所得として申告するようになっています。その際、ローン金利、減価償却費、固定資産税などが必要経費として認められ、家賃収入から差し引いたときに赤字の場合、所得税・住民税の軽減を計ることができる節税対策があります。
相続税対策ですが、相続の際、賃貸用に購入したマンションは時価計算の株式と違い、評価額で決まります。評価額はおおむね時価の80パーセントで評価されます。また、賃貸中であれば更に軽減措置が取られるため、相続対策としても有効な運用方法といえるでしょう。
平成17年4月より銀行の貯金額が元本1,000万円とその利息分のみの保護になったことで、多くの金額を保有している人は、今までのようにただ預けておけばいいというわけではなくなりました。現在、都心のマンションであれば利回り4パーセントから5パーセント見込むことができるので、分散資産として注目されています。それが ペイオフ対策です。
インフレになった場合は、現金や預貯金等は貨幣価値が目減りする可能性が高いのですが、マンションの場合は、物価の上昇とともに不動産価格や賃料も上がっていき、資産価値が大幅に下落することが考えにくいことから、マンション投資はインフレに強いと言われているんです。
そしてグローバルシティでは、お子様が進学や就職で東京エリアに行かれる場合、住まわせることも可能なんです。時期によっては普通に賃貸として借りるよりも負担が少なくなることもあり、同じ出費としては意味深いものとなるでしょう。
グローバルシティであれば、もちろんお子様だけではなく、単身赴任時など、ご主人様にも活用できますし、お子様に資産としても残すことができるんです。
かつては「工場等制限法」という法律で、首都圏および近畿圏では大学等の教室の新設・増設は制限されていたそうです。これは「既成市街地への産業及び人口の過度の集中を防止し、都市環境の整備及び改善を図る」という目的でつくられた法律です。

グローバルシティで投資をすれば、これだけのメリットがあるんです。もちろん投資をするにはそれなりに資金が必要になりますが、グローバルシティは損をしない不動産投資会社だと思います。

逆に不動産投資のリスクを説明すると、まず空室リスクです。投資したアパートやマンションが常に満室で、入居者が退室してもすぐに次の入居者が見つかる保証はありませんよね。借主は契約期間中でも、退去日の1ヶ月前に通告すれば自由に退去することができます。ということは、不動産のオーナーは、常に空室リスクを意識して不動産運営に務める必要があるということなんです。
それには、グローバルシティが管理しているような優良物件を確実に購入すること、リフォームなどで物件の価値を高めること、入居者を確保するために家賃を調整すること、一般的には家賃保証を取り入れているなどの対策が考えられます。

ほかには、不動産価格下落のリスクがあります。ここ数年は都市部と地方で不動産価格の二極化が進んでいるとグローバルシティはいいます。投資した不動産価格が投資した時よりも下落した場合、損失を抱えることになるのはわかりますよね。これを不動産価格の下落リスクというのですが、不動産価格の下落リスクを避けるには、値下がりリスクに強い優良物件の確保、投資物件のリフォームなど、不動産の老朽化を回避する運営管理が必要になるんです。
管理がきちんとしていればすぐに大幅に値下がりということはないと思うので、きちんと管理することが大切です。

グローバルシティ株式会社
http://globalcity.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る