記事の詳細

妹尾八郎さんが社長を務める、高光産業株式会社のブラットホーム配送についてご紹介しましょう。

荷物の保管料を無駄に支払っているようなことはないでしょうか?あるいは、必要ない商品まで10トンのトラックに積み込むようなことはないでしょうか?プラットホーム配送というのは、妹尾八郎さんが社長を務める高光産業株式会社のホーム内を1日中開放して、一切中継する場所における保管などを排除し、即時に荷物に積み替えて、配送先へ向かうものです。具体的にプラットホーム配送を説明すると、工場より10トンのトラックに倉庫納入分と直送分を積み込んで、ホームで直送分の一部だけまたは全部を降ろし、即時に配送することによってリードタイムの短縮ができるため、大幅に物流費を低減することができます。そのため、時間面、費用面、品質面のトライアングル効果が期待できます。物流の時間短縮・軽減化などに効果が期待できる配送システムとして、ぜひ妹尾八郎さんが社長を務める高光産業株式会社のプラットホーム配送の利用を検討してみましょう。

妹尾八郎さんが社長を務める高光産業株式会社のプラットホーム配送のメリットについてご紹介しましょう。
リードタイムで発注してから入庫するまでを短縮することができます。営業体制は24時間型を採用しているので、一切中継場所で保管することが省略できます。そのため、大幅に配送先までの時間が短縮されます。
確実な時間で荷物を配送することができます。配送は定期便の常設しているものによるため、荷物を確実な時間で毎日配送先に届けることができます。
中継地点で保管するなどが一切省略できるため、費用を削減することができます。そのため、他の会社と差別化を図ることができ、価格の安い商品を供給することができるようになります。
荷物の配送は調達を配送先ごとに行う必要がありましたが、プラットホーム配送によって中継分配すると発送を一括で行うことができるため、流通作業の負担を軽くするために非常に効果があります。
在庫するリスクを低減することができます。流通作業の効率化を図ることによって、倉庫の中の整理整頓を徹底することができ、システム化が進みます。荷物の傷つき防止、先出し・先入れの徹底、誤配送の防止等に効果が期待できます。

妹尾八郎さんが社長を務める高光産業株式会社のプラットホーム配送は、クオリティが高く、すみやかに、より早く目的地に荷物を届けることができます。

日本を物流の世界から支える高光産業株式会社と妹尾八郎氏

日本には各地に工場があり、各地に事業所があります。そして、九州で作ったものを北海道で売ることができたり、北海道で製造したものを首都圏で売ることもできるようになっています。このようなことが可能になっているのは全て物流のおかげです。専門の業者がいるからこそ、製造した品々を各地に運んでもらい、販売することができているのです。つまり、物流とは日本を支えている産業なのです。

そして、そのような物流の世界において九州で大きな力を発揮している会社があります。それが高光産業株式会社です。この高光産業株式会社は妹尾八郎さんが社長を務めている会社なのですが、九州の福岡に本社があります。つまり、福岡という地から日本の物流を支えている会社なのです。前記したように物流がなければ、いくら素晴らしい商品を製造したとしてもそれをより多くの消費者に届けることはできません。これは日本だけではなく世界でも同じです。そして、ありとあらゆる産業にとって物を運んでくれる存在は欠かすことができません。

そのため、この妹尾八郎さんが代表取締役社長を務めている高光産業株式会社の重要性もわかるはずです。また、妹尾八郎さんが社長の高光産業株式会社は単にトラックで荷物を運ぶだけではありません。もちろん、そのような業務もおこなっていますが、それ以外にも様々な業務をおこなっているのです。たとえば倉庫業務などもそのひとつです。ものを運ぶ会社にとって倉庫があることは重要な意味を持つのですが、そのようなことも高光産業株式会社はおこなっているのです。

また、物流ネットワークを作り上げるためのコンサルタント業務なども妹尾八郎さん率いる高光産業株式会社ではおこなっています。こうしたネットワークを素人が作り上げようとしても絵に描いた餅になってしまうことが多いのですが、このようなこともプロである高光産業株式会社がおこなっているのです。さらに言えば、妹尾八郎さん率いる高光産業株式会社ではインターネット事業なども手がけられています。インターネットがここまで日本に普及する以前から目をつけており、その参入はかなり早かったと言えます。そのような目を持っているのが妹尾八郎さんであり、そんな妹尾八郎さんが率いる高光産業株式会社なので、この会社に対しては今後もおおいに注目しておくべきかもしれません。それだけの価値がある会社と社長だと言えますので、目を向けておきましょう。

妹尾八郎氏の世界を見る一貫性、俯瞰的まなざし

高光産業株式会社の物流システムが結構話題となっているようですが、もっと、その仕事内容についてお話ししたいと思います。
妹尾八郎氏の高光産業株式会社の物流システムは、物流のスピーディー化、効率化を目指して行きます。まだまだみなさんの物流システムは、現状に不満を抱えているといいたいのです。バラバラな形態が、とても効率の悪い物流システムを作り出します。

妹尾八郎氏の高光産業株式会社の物流システムは、まず、メーカーと、仕入れ先の間に立ち、互換性のある物流システムを作り出しました。それぞれのメーカーが、トラック運送する為に、空きスペースを抱えるという事はとても効率の悪い話しです。出来るだけ出来るだけ、そのような問題を回避する為に、あいのりという発想も誕生したのです。トラックの空きを、他のメーカーの荷物で埋めて発送出来るスタイルこそ、一番の効率のにいい運送のスタイルなのです。
そして、妹尾八郎氏の高光産業株式会社グループ、株式会社チェンジフィールドによる、「koko1(ここワン)」も今、大きな注目を浴びています。「koko1(ここワン)」にもスピーディーかつ、高度なモバイルマーケティングサービスが存在します。

やはり、私達の現代社会では、目指す場所は、IT世界なのです。今、多く人たちがIT語で言葉を語っているから、私達もそれに追随しなければ、顧客と触れあう事も出来なくなってしまうことでしょう。
多くのみなさんの企業に関心を持つであろうお客様は、もう、「koko1(ここワン)」という敷地の中にいます。他の企業に、その中にいるお客様は、関心を持ち、そこにみなさんの企業も参加をすれば、ついででみなさんの企業にも関心を持ってもらう事が出来るようになります。ついでに私達の企業を見てもらうきっかけがとても大事な事です。それが広告効果なのです。「koko1(ここワン)」に参加しない限り、そこについでという発想も生まれて来ないのです。

私達の時代は、確かに変わったのです。妹尾八郎氏に是非、今後の経営のあり方をも相談していただきたいと思いますね。ITコンサルティングだけではありません。リアル社会においての通信のあり方も、水、アクアクララの販売においても、何かここには一貫性があり、しっかり、妹尾八郎氏は、それを見据えているという感じがします。
妹尾八郎氏こそ、時代を多角的な目で、俯瞰的に捉えている人物の一人として評価されるべきなのではないでしょうか。 妹尾八郎氏の功績は、現代社会にぐっと響き渡っています。

高光産業株式会社
http://www.takamitsu.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る