記事の詳細

株式会社SHTについて知りたいといった人もいることと思います。IT企業は実に多く、どの企業がいいか内容についても把握しておきたいところです。多くの人がそうした考えを持っており、IT企業に関する問い合わせが後を絶ちません。IT企業については技術力も大事なポイントです。技術力が高いところは評判も良いのが定説です。
技術力がない企業は、サポートもうまくできない可能性が高いです。よくシステム開発会社では「お蔵入りシステム」なんていわれ方がされますが、技術力がないせいや、コーディネート力不足でシステムが使われることなくお蔵入りしてしまうケースです。これはちょっと考えものですよね。高い費用を支払ったにも関わらず使うことができないシステムはどうすることもできません。まさしく泣き寝入り状態となります。
そうしたトラブルを避けるためにもあらじめIT企業については、リサーチしてから提携を結びたいところです。評判が良いところと提携を結びにこうしたことはありません。ぜひとも前向きに検討したいところですよね。前向きに検討することによって、おのずと道は開かれることでしょう。

システム全般でおすすめしたい企業といえば、やはり「株式会社SHT」は欠かすことができません。成長著しい企業としても株式会社SHTは期待されています。実際に株式会社SHTと提携を組んでいる企業もみられ、今後さらに活発に活動していくことが予想されます。安心感・信頼感ともに高い企業としても名をはせており、株式会社SHTは心強い見方となっています。株式会社SHTですが、ぜひとも利用を検討したいところです。

ではここで株式会社SHTの概要について触れたいと思います。株式会社SHTですが、英語名ではSHT Co.,Ltd.tいった表記となります。株式会社SHTですが、本社は東京にあります。
住所〒105-0014東京都港区芝3丁目43番16号 KDX三田ビル2F
電話番号は03-5444-2611、FAX番号は03-5444-2610です。興味がある方はまず問い合わせみてください。
成長著しい株式会社SHTが設立されたのは、意外かもしれませんがけっこう近年の話です。設立は2006年3月8日となっています。
資本金50,000,000円でのスタートとなっており、最初からけっこう大きな規模が想定されていたことが伺えます。
決算日ですが、毎年3月31日に実施されています。

株式会社SHTの役員代表取締役は吉原譲治さんです。吉原さんは数々の貢献者であり、なくてはならない存在となっています。また取締役には山本育子さんが就任しています。山本さんは管理本部長としても活躍されているバリバリのキャリアウーマンです。
事業内容ですがシステムインテグレーションをはじめ、インターネット付随サービスやネットワークシステムの設計、構築、保守、運用管理など全般を手がけています。トータルで任せたいといった人にぴったりなプランです。
システム開発事業としても活躍が著しく、お客様の声にあわせた形で最大限効率の良いシステム開発を行っているのも大きな強みとなっています。

ソフトウェア・システムツール販売代理店事業に関しても精通しており、販売代理なども積極的に行っています。また教育事業についても積極的です。各企業では何かと教育体制をとる必要がありますよね。会社の現場でも欠かすことができない教育事業については、ぜひとも取り入れたい内容となっています。試験センター代行業務についても行っています。
株式会社SHTが主要取引先銀行としているのは、三菱東京UFJ銀行田町支店、りそな銀行田町支店、東京都民銀行、浜町町支店などとなっています。その他の銀行についても取り扱いがあるので、まずは問い合わせみることをおすすめします。
許認可等ですが、「一般労働者派遣事業許可番号般13-301890」として許可された企業です。有料職業紹介事業者許可番号も取得しており取得番号は「13-ユ-301641」となっています。プライバシーマーク17000082についても取得しています。個人情報管理が盛んに言われている時代なので、ぜひともプライバシーマークを取得している企業を探し出したいところです。

ピアソンVUE公開テストセンター運営認可ともなっています。かなり管理体制や許可体制が整っていることがわかりますよね。
株式会社SHTの従業員数ですが、2014年1月1日現在で 115名となっています。
平成18年 3月に会社設立を行った株式会社SHTですが、平成18年6月から営業業務を開始しています。平成18年8月一般労働者派遣事業者登録(般 13-301890)をしています。平成18年10月には、有料職業紹介事業者登録(13-ユ-301641)を実施しました。また社名についても変更しています。平成19年10月に現在の株式会社SHTへ社名変更となります。

株式会社SHTのエンジニア対策

IT企業にとってエンジニアの存在は必要不可欠。システム構築、サーバー管理、ソフト開発などは専門の知識がなければ進めることができません。ネットワークに関する広い知識を求められるエンジニアたちは企業に重宝されており、各事業で重要な役割を果たしています。需要が高い職業なので、就職に関するメリットは多いですが、エンジニアになるには大変な量の勉強をしていかなければなりません。

一般的にエンジニアを目指す人々は専門学校などの教育機関に通って、知識をマスターしていきます。在学中に必要とされる基礎的な資格を手に入れ、十分なスキルを蓄えます。Ciscoを始めとするネットワーク関連技術、dosシステム、java開発など、求められる技術は多いので、学んでいくには相当な時間と労力を費やすことになるでしょう。加えて、飛躍的に発展が進んでいる業界なので、新しい技術を養うことも重要。このように専門職ならではの努力が必要となるのです。そして、晴れて就職し、エンジニアとして進んでいくことになった場合でも気を緩めてはいけません。

需要が多い職業と紹介しましたが、その背景には人材不足という問題があります。大企業になれば話は別ですが、中小企業となると数名のエンジニアで業務をこなしていくことになるでしょう。企業の中心的役割を果たす重要な存在となり得ますが、それだけに大きな負担がかかってくるのも事実です。あまりに大きな負担がかかってしまうと、業務効率の低下に繋がり、デメリットばかりが目立つようになるでしょう。また、先述したように最新技術を取り入れていかなければ、対応できない部分もでてくるかもしれません。これがエンジニアの実態の一部です。

そうなると企業としては、教育に時間を割く必要が出てきます。果たして人材不足で悩んでいる企業にそのような余裕があるでしょうか。

そこで、おすすめしたいのがエンジニア、またはエンジニア業務全般の外注です。上記の問題に当たっている企業は多いので、需要は高く、利用者も増加傾向にあるようです。外注を請け負っている企業の代表が株式会社SHTです。株式会社SHTでは優れた技術を持つエンジニアの派遣や業務全般を個別に対応するサービスが用意されています。そして、株式会社SHTの特徴の一つである「社外エンジニアの育成」にも注目をしたいところ。自社のエンジニアに教育が必要な場合にもってこいのサービスとなるでしょう。

人材不足に陥り、新しく人材を育てていくより、株式会社SHTのような企業に外注を依頼したほうがコスト面でもより良い方向に向かうのではないでしょうか。興味を持った方は株式会社SHTのホームページを覗いてみると良いでしょう。詳細を確認することができます。

株式会社SHT
http://www.shtech.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る